アロマテラピー ライフアロマテラピーの基礎 > エッセンシャルオイルの光毒性

エッセンシャルオイルの光毒性

エッセンシャルオイルの中には紫外線に反応して、皮膚を赤くしたり、シミをつくるものがあります。その性質は光毒性と呼ばれます。

例えば、ベルガモットに含まれる「ベルガプテン」という物質が強い光毒性をもっていることはよく知られています。「フロクマリン類」 の中の1つである『ベルガプテン』はとても、毒性が強いのです。

しかし、注意しなければならないのは、フロクマリン類すべてが毒性が強いわけではなく、 数十のフロクマリン類の中には光毒性無いものが含まれています。

ベルガモットオイルを使うときの光毒性回避の方法としては、フロクマリンを排除したオイルが売り出されているので、 そちらを使う方法があります。

ただし、もともとエッセンシャルオイルとは芳香成分が複雑に絡みあったものです。 オイルを構成している成分を一部人工的に除去するということは、アロマオイルの持っている力を100% 出せないということではないかという人もいます。

光毒性のある精油

光毒性が強い順に以下にリストします。

  • ベルガモット
  • オレンジ(ビター)
  • ライム
  • グレープフルーツ
  • レモン

光毒性のない精油

  • オレンジ(スィート)
  • マンダリン
  • タンジェリン

ちなみに、洗い流してしまうもの(ボディーシャンプーや石鹸など)は光毒性の危険性からは除外されるようですが、 厳密には疑問なところがあります。

【例外】
ユズ油は日本独自の精油であるため、海外において詳しい検査がされていないのが実状だそうです。

分析表にも「フロクマリン類」の存在は報告されていませんが、かなり詳しくその気で調査しないと見付けられない為、 可能性が全くないとも言えないようです。

スポンサードリンク

  • リンクフリーです!以下のタグをお使いください
  • <a href="http://www.21aroma.com/020first_aroma/03240821.html" target="_blank">エッセンシャルオイルの光毒性</a>

当サイトについてと免責事項

  • アロマセラピーは、医術や医学ではありません。精油を使うときには、製品に記述されている注意事項を必ず読み、正しくお使い下さい。また妊娠中の人、重い病気の人、慢性的な病気のある人などは必ず事前に医師にご相談下さい
  • 当サイト内の掲載情報をご利用された際に発生した、いかなる損害・トラブルについても、一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。
copyright(c) アロマテラピー ライフ All Rights Reserved.