アロマテラピー ライフエッセンシャルオイルの説明, た行 > ティートリー

ティートリー

この植物は長い間、オーストラリアのアボジリニに使われてきました。実は、アロマテラピーとしての利用はそれほど長くありません。

この木はお茶の木に似ているため、オーストラリアに入植した白人によってティートリーと名付けられました。が、 実はお茶の木とは全然違い、ユーカリ同様オーストラリアの代表的潅木の一種です。

成長が速く、生命力が強いオーストラリア原産の低木で「アボリジニのハーブ」とも呼ばれています。強い殺菌効果、消炎効果があり、 特に外傷用の薬として定評があります。

また、アレルギーを持つ人にも比較的安全とのことです。オイルは強い揮発性で、リフレッシュ感のあるさわやかな香りです。 香りが強いのでブレンド向きかもしれません。

とても利用範囲の広いオイルで、エッセンシャルオイルとしてはめずらしい、原液を直接使えるオイルです。

  • 学名:Melaleuca alternifolia
  • 科名:フトモモ科
  • 主な原産国:オーストラリア
  • 精油抽出部分:葉
  • 抽出方法:水蒸気蒸留法
  • 芳香:リフレッシュ感のあるさわやかな香り
  • 効用:疲労回復、風邪、抗ウイルス・抗菌作用、免疫力向上、浄化作用

スポンサードリンク

  • リンクフリーです!以下のタグをお使いください
  • <a href="http://www.21aroma.com/510aroma_oil/03031105.html" target="_blank">ティートリー</a>

当サイトについてと免責事項

  • アロマセラピーは、医術や医学ではありません。精油を使うときには、製品に記述されている注意事項を必ず読み、正しくお使い下さい。また妊娠中の人、重い病気の人、慢性的な病気のある人などは必ず事前に医師にご相談下さい
  • 当サイト内の掲載情報をご利用された際に発生した、いかなる損害・トラブルについても、一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。
copyright(c) アロマテラピー ライフ All Rights Reserved.